レーザー脱毛の短所

肌の状態によっては痛みが出たり効果が弱くなったりすることも

レーザー脱毛は、術中に医療従事者が傍についていてくれるため安心して施術を受けられる一方で、肌の状態によっては痛みが出たり満足のいく効果を得られなかったりすることもあります。たとえば、普段からニキビやアトピーなどの肌トラブルを抱えている人はレーザー脱毛の施術による肌へのダメージが大きくなるケースがあります。そうした問題に対処をするには、施術の前のカウンセリングや無料相談の時間に担当の医師とよく相談をして、無理なく施術を続けられるかどうか判断することが重要となります。また、日焼けをしている人や産毛が多い人は、施術の際に使用するレーザー脱毛の機器の性能によって術後にムラが出ることもあるため注意を払うことが大切です。

全身を脱毛する場合は多額な費用が掛かる

クリニックでレーザーを使用した全身脱毛の施術を始める場合には、エステと比べると時間を短縮できるものの、全てのパーツの施術が完了するまでに多額な費用が掛かる傾向が見られます。高性能のレーザーを採用しているクリニックにおいては、全身脱毛の費用がトータルで五十万円を超えることもあるため、将来を見据えて通院の計画を立てることがおすすめです。たとえば、ワキや背中、脚などの基本的な部位だけでなく、VIOラインやフェイスラインまできれいに脱毛をするには、クリニックのシステムによって追加料金が発生することもあります。そのため、費用に関するトラブルを未然に防ぐうえで、初心者向けのコースを用意しているクリニックを探したり、分割払いやローン払いを選べるところで契約したりすることが大事です。